その使い方は危険! ガス給湯器の安全な使い方を知ろう

日常的に使うガス給湯器ですが、皆さんは正しい使い方ができているでしょうか。
ガス給湯器はだれでも安全に使えるように作られたものではありますが、ガスは本来危険なものです。
そこで今回は、ガス給湯器の「こんな使い方は危険だ」という使い方についてご紹介します。普段の使い方と照らし合わせて、安全に使えているかチェックしましょう!

ガス給湯器、どんな危険性がある?

ガスは扱い方を間違うと、命の危険に関わります。
代表的なもので言えば、一酸化炭素中毒や火災が挙げられます。
ガスは不完全燃焼を起こすと一酸化炭素を発生させ、それが密閉された部屋だったり空気の流れが悪いようなところで起こると、中毒を引き起こします。
ガスの近くで発火するものを扱うのもNGです。
たとえばスプレー缶などに穴を空けるという作業も、ガス給湯器の近くで行うと火災の原因となってしまいます。

給湯器の周りを囲わない

ガス給湯器の周りを養生シートや波板などで囲ってはいませんか?
特に排気口周辺を囲ってしまうと空気の流れが悪くなり、不完全燃焼を起こしやすくなります。
仮に不完全燃焼を起こしてしまったとしても、きっちりと囲われていなければ一酸化炭素が充満することがないので、中毒を起こす心配はありません。しかし、屋外にある給湯器の周りを囲い屋内のようにしてしまった場合、一酸化炭素中毒になってしまう危険性が高くなります。
また屋内に設置してある場合、排気口が詰まっていないか時々確認することが大切です。

燃えやすいものを置いている

ガス給湯器はお湯を沸かすためにガスを燃焼させます。当然ですが、ガスが燃えているわけですから燃えやすいものを置いておくのはNGです。
ついタオルやふきんなどを置いてしまいがちですが、絶対に置かないようにしましょう。
火災の原因になる可能性があります。
排気口の周辺に置くことも、スムーズな排気を妨げる原因になってしまうので避けましょう。

まったく点検していない

まだ給湯器の調子が悪くなったことがないから、点検やチェックなどはしてもらったことがないという人も多いのではないでしょうか。動きが悪くなったり、どこかおこしいところが現れてからでも遅くないと考える方は多いようです。しかし、壊れかけてからでは遅いのです。
3年から5年に一度は特に調子が悪いところがなくても、定期点検として専門の業者にチェックしてもらうことをおすすめします。こういった点検を定期的に行っておくことで、安心安全にガス給湯器を使用することができます。