賃貸物件での給湯器故障の正しい対処法についてご紹介致します

賃貸物件での給湯器故障の正しい対処法についてご紹介致します

賃貸物件に住んでいる場合、一戸建て住宅とは給湯器故障時の対処法が異なりますので注意が必要です。給湯器が壊れた場合、まずはどこに連絡すれば良いのでしょうか。ここでは、賃貸物件で給湯器が故障した場合、スムーズに対処するためのポイントについて詳しくお伝えしていきましょう。

大家や管理人に連絡するのが正解

賃貸物件に住んでいて給湯器が突然故障した場合、まずは大家や管理人に連絡するのが先決です。ただ、突然「給湯器が壊れた」とやみくもに伝えるだけでは要領を得ませんので、まずは故障の詳細(トラブル発生日時、給湯器の機種、メーカー、型番など)をあらかじめメモにまとめておき、トラブルの要点が的確に伝わるようにする必要があります。なお、大家や管理人へ長期間連絡がつかない場合はその物件の入居時に仲介した不動産業者に連絡を入れ、個人で安易に対処するのはやめておきましょう。

個人で修理するのはNG

給湯器が壊れるとその日からの暮らしに支障が出てしまうので、ユーザーとしてはついつい管理人に連絡せず、個人的に部品なり本体を交換してしまいたくなるものですが、それはやめておきましょう。個人的に対処してしまうとその間のコストも完全なる自己負担と見なされてしまい、本来であれば補償してもらえるはずの修繕費用がもらえなくなってしまう可能性があります。

給湯器トラブルのパターンをおさえておこう

給湯器も消耗品である以上、毎日使っていくなかで異音や異臭などのトラブルが生じることは計算に入れておかなくてはなりません。特に、本体内部から生じる破裂音については爆発事故や火災事故に直接的につながりかねませんので、このパターンの異変を関知した場合にはただちに賃貸物件の管理人に連絡し、本体を交換してもらう必要があります。また、公営住宅の場合は数年おきに給湯器のメンテナンスおよび交換が公費負担で行われるところがありますので、入居時にあらかじめ確認しておきましょう。

一にも二にも連絡

賃貸物件でガス給湯器が故障した場合はまず、トラブルの詳細を箇条書きにまとめたうえで賃貸物件の管理人または管轄の不動産会社に連絡を入れるのが先決です。このプロセスを省略して安易に個人で対応してしまうと一連の修繕コストが自己負担となってしまう可能性がありますので、面倒でも管理人に連絡して公費負担で修繕するようにしましょう。公営住宅では修繕のルールが若干異なりますので、こちらのほうも注意が必要です。