給湯器の設置位置|戸建て・マンション・給湯器タイプをもとに解説

給湯器

# 豆知識

給湯器の設置位置|戸建て・マンション・給湯器タイプをもとに解説

給湯器交換の前に確認しておきたいのが、給湯器を設置する位置です。法律で基準が定められているため、好きな位置に設置できるわけではありません。お住まいの状況に合わせたものを選ばないと、取り付けられないということも考えられます。戸建て・マンション・給湯器タイプをもとに、設置できる位置を解説するので参考にしてください。

給湯器の位置は?ケース別の設置場所を確認

給湯器の設置位置は、基本的に戸建てとマンションで異なります。

戸建ての設置位置

スペースに余裕がある戸建ては、屋外に給湯器を設置します。設置する給湯器のタイプは、据置型と壁掛け型に分かれます。スペースに余裕がある場合は据置型、スペースに余裕がない場合は壁掛け型を設置すると考えればよいでしょう。いずれにせよ、近くに排気口をふさぐものがないなどの設置基準を満たさなければなりません。

マンションの設置位置

マンションは、屋外に設置するケースと屋内に設置するケースがあります。一般的な設置場所といえるのが、配管類をまとめた玄関横のパイプスペース。パイプスペースに設置する給湯器は、パイプスペース標準設置型、パイプスペース扉内排気型などいくつかの種類に分かれます。

マンションでは、屋内に給湯器を設置することもあります。屋内に設置する給湯器は、燃焼用の空気を屋外から吸引し排気を自然に行うBF式、燃焼用の空気を屋外から吸引し動力を使って強制的に排気するFF式、燃焼用の空気を屋内から吸引し排気を自然に行うCF式、燃焼用の空気を屋内から吸引し動力を使って強制的に排気するFE式に分かれます。いずれも排気を屋外へ出す点は同じですが、屋外の空気を利用するBF式、FF式のほうが安全性は高くなります。

以上のほか、マンションではベランダに壁掛け型の給湯器を設置するケースもあります。この場合、安全性を確保するため排気口を人よりも高くしなければなりません。

設置基準を守らないと起こりうるリスク

給湯器の設置位置は、以下のポイントを考えて検討します。

  • 可燃物と排気口の距離
  • 可燃物と本体の距離
  • 開口部と排気口の距離
  • 修理と点検に必要なスペース

これらを無視して設置すると、給湯器の性能を十分に発揮できない恐れがあります。また、不完全燃焼などを起こして、思わぬトラブルに発展することも考えられます。安全性に配慮して作られていますが、設置位置には十分な注意が必要です。

給湯器の設置位置は専門家に相談して決める

給湯器の設置位置は、法律で基準が定められています。戸建ての基本的な設置位置は屋外、マンションの基本的な設置位置はパイプスペースもしくは屋内ですが、これらに該当すればどこへでも設置できるというわけではありません。基準を無視して設置すると、給湯器の性能を十分に発揮できないことや、不完全燃焼を起こすことなどがあるので注意してください。設置位置にお悩みの方は、給湯器交換の実績が豊富なライフアドバンスジャパンで相談してみてはいかがでしょうか。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP