賃貸の給湯器が故障!修理費負担は誰がするの?相談すべき場所を解説

賃貸の給湯器が故障!修理費負担は誰がするの?相談すべき場所を解説

「賃貸の給湯器が故障したけど、修理費は誰が負担するの?」と思っていませんか。入居者の負担にならないか心配になりますよね。お困りの方のために、修理費を誰が負担するか、どこに連絡すればよいか、などを解説いたします。このページを読めば、賃貸の給湯器の故障に、落ち着いて対処できるようになるはずです。

賃貸の給湯器が故障した時の連絡先

賃貸住宅にお住いの方の場合、もともと住宅に設置されている給湯器は自分のものではありません。給湯器の所有者は「貸主」です。したがって、故障したときは、修理業者ではなく建物の管理者に連絡をしましょう。建物を管理しているのが「大家さん」のときは大家さんへ、管理会社が管理しているときは「管理会社」に連絡をしましょう。連絡先は、賃貸借契約書に記載されているはずです。

給湯器の故障にともなう修理代金の負担について

前述の通り、賃貸住宅に入居時から設置されている給湯器などの設備は、貸主の持ち物です。したがって、故障にともなう修理代金は、基本的に貸主が負担です。 給湯器が故障したことを建物の管理者へ連絡すると、管理者が修理業者を手配してくれるケースが多いようです。ただし、借主が故意に壊した場合や契約内容などによっては、借主負担になることもあります。いずれにせよ、まずは建物の管理者へ連絡することをおすすめします。

故障・修理の連絡をする前にチェックすべきこと

給湯器が故障したからといって、建物の管理者へ慌てて連絡するとスムーズに修理業者を手配できないことがあります。連絡する前に、以下の点を確認しておきましょう。

  • 給湯器の種類(バランス釜・給湯専用ガス給湯器・追い炊き機能付きガス給湯器)
  • 故障状況の詳細(症状が現れ始めた時期・故障した時期・故障の内容)
  • 給湯器の型番/製造年月日/メーカー など

情報収集は、わかる範囲で構いません。

賃貸の給湯器が故障したときは貸主負担で修理可能!

入居時から設置されている給湯器などの設備は貸主の持ち物となります。したがって、賃貸の場合の給湯器の修理代金は、基本的に貸主負担になります。給湯器が壊れたときは、建物を管理している「大家さん」または「管理会社」へまず連絡しましょう。連絡先は、賃貸借契約書で確認できます。連絡をすると、建物の管理者が修理業者を手配してくれるはずです。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP