給湯器の「オート」と「フルオート」ってどっちがいいの?

給湯器の「オート」と「フルオート」ってどっちがいいの?

給湯器の付け替えを検討している方で、「オート」と「フルオート」のどちらを選んだらいいのか迷っている方は多いのではないでしょうか?
メーカーによって機能に多少の差はありますが、オートとフルオートにはわかりやすい違いがあります。
今回は、給湯器の付け替えを考える際に覚えておきたいオートとフルオートの違いについてご紹介します。

オートタイプの給湯器とは

給湯器のオートタイプとは、「自動湯張り機能」と「追い炊き機能(自動保温機能)」が備わっているもののことを指します。
この二つの機能があれば、コントロールパネルのスイッチ一つで希望の温度でお湯をためることができ、冷めてしまった場合にも簡単に追い炊きができるのでとても便利です。
特に、自動保温機能があれば、お風呂の設定温度を下回ってしまったとき自動的に追い炊きを行ってくれるので、いつでも温かいお風呂に入ることができます。

フルオートタイプの給湯器とは

給湯器のフルオートとは、オートタイプの機能に「自動湯たし機能」と「追い炊き配管自動洗浄機能」がプラスされたものです。 自動湯たし機能は、お湯が減ってしまった際にあらかじめ設定した水位まで自動でお湯をたしてくれる機能。追い炊き配管自動洗浄機能は、お風呂の線を抜くと自動で追い炊きに使用する配管を洗浄してくれる機能です。 この機能がプラスされるだけで、よりお風呂が快適に使えるだけではなく、掃除の手間も減らすことができます。

オートとフルオート、どっちがいいの?

機能面から考えると、より多くの機能を持ったフルオートのほうが良いでしょう。
追い炊き配管は、せっけんや水アカ、入浴剤などによる汚れが溜まりやすいので、自動で洗浄してくれればいつも清潔なお湯に浸かることができます。
お子さまがいるご家庭など、清潔さを重視したいという場合にはフルオートタイプの給湯器がおすすめです。また、自動湯たし機能がついていれば「お湯が全然残っていない!」ということにならないので、人数が多いご家庭にもフルオートが向いているでしょう。
ただし、コスト面を抑えたいという方は初期費用の安いオートタイプのほうが良いかもしれません。
いろいろな機能を使えば使うほどガス代も電気代もかかりますので、一人暮らしの方や、必要最低限の機能でガス・電気代を抑えたいという人にとってはオートタイプのほうが合っていると言えます。

給湯器の「オート」と「フルオート」ってどっちがいいの?

給湯器に求めるものは、それぞれの家庭で異なるものです。
機能面を重視するか、コスト面を重視するかでオートとフルオートを選ぶといいでしょう。給湯器は、一日の疲れを癒すバスタイムを快適に過ごせるかどうかのカギ。後悔のないよう、慎重に選んでくださいね。