給湯器のリモコンが故障?チェック方法と対処方法は?

給湯器のリモコンが故障?チェック方法と対処方法は?

自動でお風呂にお湯を張ったり、簡単に温度を変更したりすることができる給湯リモコン。
呼び出し機能があるものや使用状況がチェックできるものなどもあり、とても便利ですよね。
そんな給湯器リモコンが動作しなかったり、普段と違う動作をしていたりする場合には、故障か否かを落ち着いてチェックしてみましょう。
今回は、「給湯リモコンが故障かな?」と思ったときのチェック方法や対処方法をご紹介します。

《1》リモコンの電源が入らない、リモコンが動かない

給湯器を使いたいのに電源(運転)ボタンを推しても電源が入らないという場合。
省エネモードなどの設定で画面が消えている可能性があるので、もう一度運転スイッチを入れ直してみてください。
また、台所と浴室で優先が選べるリモコンの場合、台所優先になっているとお風呂ではリモコン操作ができません。一度設定をチェックし、お風呂優先に切り替えてから再度操作すれば、普段通り動く可能性も。
それでも動かない場合には、そもそも給湯器の電源が抜けていたりするケースも。電源を確認し、しっかりと接続されていた場合には念のためブレーカーが落ちていないかを確認しましょう。

《2》表示や設定が変わっている、リセットされている

何もしていないのに表示内容が変わっていたり、リセットされて電源が切れていたりすることもあると思います。
停電のあとには設定がリセットされたり、時間の表示が切れていたりすることがあるので、再度設定し直しましょう。
また、知らず知らずのうちに音量設定をいじってしまい、音が鳴らなくなってしまうというケースも。
普段のように動作しない場合には、設定が変わっていないかよくチェックしてください。

《3》リモコンに普段と違う表示が出ている

給湯器にエラーコードなどが表示されている場合には、取扱説明書をチェックしましょう。
給湯器のエラーには自分で対処できるものもありますが、メーカーに問い合わせが必要なものもあります。
また、給湯器を使っていないのに燃焼マークが点灯するというケースも。
こういった場合、自動で凍結防止運転を行っているケースもあるので心配いりません。

給湯器のリモコンが故障?チェック方法と対処方法は?

「故障かな?」と思っても、実は単純なトラブルだったというケースは多いもの。
電源が入らなかったり普段と違う表示が出ていたりする場合でも、まずは落ち着いて故障かどうか確認するのが良いですね。
上記のチェックを済ませてもなお原因がわからない場合には、メーカーや修理会社へ問い合わせてみることをおすすめします。