給湯器から普段と違う臭いがしたら...主な原因と対処方法

給湯器から普段と違う臭いがしたら……主な原因と対処方法

お風呂やキッチンでお湯を使用する際に活躍する給湯器は、普段はあまり意識することがありませんが、日々の生活に欠かすことのできない重要な住設機器のひとつ。
そんな給湯器に目が向くタイミングといえば、動作不良や故障などのトラブルが発生したとき。「お湯が出ない」「異常音を発している」など、給湯器に起こるトラブルもさまざまです。
そこで今回は、給湯器使用時に普段とは違う「臭い」を感じたときの対処方法をご紹介いたします。

給湯器使用時に気になる「臭い」の種類

給湯器使用時に気になる臭いにも、さまざまなタイプがあります。臭いの種類によって考えられる原因は異なるため、それぞれの特徴と対処方法をしっかりと把握しておくことが重要です。

・ガスの臭い
給湯器の使用時にガスの臭いが気になった場合、考えられる原因には2つのパターンがあります。
自宅がプロパンガス(LPガス)を使用している場合に考えられる原因は、ガスの残量の低下です。本来ガスは無臭ですが、ガス漏れの際に素早く気付くことができるよう人工的に臭いを付けています。ガスの残量が少なくなることで臭い成分が沈殿し、普段よりも強い臭いを発するようになるのです。
自宅が都市ガスを使用している、またはプロパンガスを使用していてガスの残量が十分にある場合には、ガス漏れの可能性が高くなります。すぐに給湯器の使用をやめ、ガスの元栓をしっかりと閉めてください。その後専門の業者に連絡し、点検を受けて早急にトラブルを解消してもらいましょう。

・焦げ付いたような臭い
給湯器の使用時に何かが焦げたような臭いが気になった場合、給湯器の内部にゴミやホコリなどが蓄積して不完全燃焼を起こしている可能性があります。
自分で対処するのは難しいため、専門の業者に連絡して点検・修理を依頼しましょう。

・酸っぱい臭い
給湯器の使用時にどこか酸っぱいような臭いが気になった場合は、燃焼時に給湯器が不具合を起こしている恐れがあります。未燃ガスが排出されることで、ツンとした臭いと目が痛くなるような刺激を感じるのです。
この場合も直ちに給湯器の使用を中止し、専門の業者に点検を依頼してください。

・生ぐさい臭い
給湯器から発生する生ぐさい臭いは、電気温水器に起こりやすいトラブル。給湯器内部に溜まった水が排出できなくなることで悪臭を発してしまうのです。
この場合、内部に溜まっている汚れた水を排出してしまえば症状は改善されます。取扱説明書などを参考に作業を行い、溜まった水を排出してください。

給湯器から普段と違う臭いがしたら……主な原因と対処方法

給湯器から普段とは違う臭いを感じた場合は、すぐに原因を突き止め、正しい方法で対処しなければなりません。
異臭に気が付いたらとにかく早く給湯器の使用を中止し、原因の解明に努めましょう。
最も良いのは、すぐに製造メーカーや専門の業者に連絡すること。大きな事故につながってしまわないよう、日ごろから臭いを意識しつつ給湯器を使用してくださいね。