給湯器から異音が生じた時の原因と安全な対処法を解説致します

給湯器から異音が生じた時の原因と安全な対処法を解説致します

給湯器本体のトラブルとしてよく見られるのが異音です。本体内部から異音が感じられる場合、ユーザーとしてどのような対処方法が考えられるのでしょうか。今回は数ある給湯器トラブルのうち異音トラブルにスポットをあて、原因と対処法について詳しくお伝えしていきます。

まずは音の種類をチェック

給湯器本体の異音と言っても、実際にはいくつかのパターンに分けられます。細分化することは可能ですが、本体内部から生じる音としては大きく作動音、爆発音、共鳴音が挙げられます。爆発音と言っても目立ったものではなく、作動中に時折「ボンッ」という破裂音に近い音が生じます。共鳴音の場合、ピー、という高い音が聞こえるのが特徴で、ウォーターハンマー現象によって内部の配管が破損している可能性が疑われます。いずれにしても、正常な作動音以外は基本的にすべてトラブルのサインですので、安易な自己判断をせず、早期に専門業者へ連絡を入れることが大切です。

異音を放置しつづけると?

給湯器本体から異音が生じたとしても、内部の部品が決定的に故障しないかぎり、当面の間はそのまま使用することが可能です。しかしながら、異音が生じるということは本体内部で何らかのトラブルが起きているということであり、特に爆発音や破裂音を長期間放置した場合、不完全燃焼がひどくなって最悪の場合は窒息事故や中毒事故につながる可能性があります。給湯器本体の寿命はおよそ10年と言われていますが、それはあくまでも目安であり、新品同然の本体でも過度に酷使していれば故障リスクが高まってしまいますので、購入時期にかかわらず定期的なメンテナンスを心がけましょう。

異音が生じる給湯器本体を修理するには?

異音が実際に生じている給湯器本体への対処にあたってはまず、「修理か、交換か」という判断が必要になります。基本的に本体寿命を超えているものについては交換となりますが、比較的新しいものでも破損があまりにひどい場合には交換を勧められる場合があります。いずれにしても、何らかの異常を感じた場合には早急に業者に相談し、専門業者の判断をあおぎましょう。

異音トラブルに要注意

給湯器を長期間使いつづけるうえで特に注意したいのが異音トラブルです。異音を放置していると本体そのものの破裂や爆発、火災事故につながりますので、作動中に普段とは違う種類の音を関知したら、早い段階で専門業者に連絡しましょう。