給湯器から聞こえる音の原因は? 危険な音と正常な音の聞き分け方

給湯器

# 豆知識

給湯器から聞こえる音の原因は? 危険な音と正常な音の聞き分け方

「給湯器から音がしているけど故障なの?」と心配していませんか。いつもと違う音がしていると気になりますよね。結論から述べると、給湯器から音がしているからといって故障とは限りません。音の中には正常なものと注意したいものがあります。それぞれの特徴と考えられる原因、覚えておきたい対処法を紹介します。音が気になる方は、参考にしてください。

正常な音はどんな音?

正常な音以外がしているときは、給湯器が故障している恐れがあります。具体的には、次の音に注意が必要です。

「ボンッ」という爆発音

「ボンッ」あるいは「ポンッ」という爆発音がしているときは、ガス漏れや不完全燃焼を起こしている可能性があります。給湯器の排気口から黒い煙が出ている、爆発音のあとにガスの臭いがする場合は、これらの可能性が高くなります。燃焼に必要な酸素が足りなくなることが原因です。一酸化炭素中毒をはじめとするトラブルにつながる恐れがあるので注意しましょう。

「ピー」という高い音

「ピー」という笛のような音がしているときは、ファンモーターで不具合が生じている可能性があります。給湯器内部の部品が経年劣化しているときに起こりやすいとされています。

「キーン」という甲高い音

「キーン」という共鳴音がしている場合は、配管内で急激な圧力変動が起きている可能性があります(これをウォーターハンマー現象といいます)。蛇口を急に閉めたときなどに起こります。配管の破裂につながる恐れがあるため注意が必要です。

「ゴーッ」という音

「ゴーッ」という音が吸排気口からしているときは、給湯器内部に異物が混入している可能性があります。放置していると、不完全燃焼を起こす恐れがあるため危険です。

注意したい危険な音がしているときは、給湯器の使用を中止して業者の点検を受けることをおすすめします。

注意したい危険な音

先ほどご紹介した正常な稼働音以外の音が聞こえた場合は、給湯器に故障や不具合が起こっている可能性があります。
「ピー」という高い音や、「ボンッ」という爆発音、「キーン」という甲高い音が聞こえた場合は要注意。これらの音は、ガス漏れや不完全燃焼、ファンモーターの不具合などが原因となっていることが多く、使用を続ければ事故に繋がってしまうかもしれません。
直ちに使用を中止し、専門の業者に連絡して点検してもらうようにしましょう。また、異音と同時にガスの臭いがする場合はすぐに窓を開けて換気して空気を入れ替えるようにしてください。

メンテナンスで異音の発生を防ぐ

給湯器から注意したい危険な音がする主な理由は、経年劣化とメンテナンス不足です。経年劣化は防ぎづらいですが、メンテナンス不足は心掛けひとつで改善できます。例えば、給湯器の周りに置いているものを片付ける、給湯器の排気口を塞いでいた植物などを取り除くといったメンテナンスで、不完全燃焼や異物の混入を防げる可能性があります。また、業者から定期的な点検を受けることも重要です。定期的な点検を受けることで、危険な音がする原因を遠ざけられます。

以上の通り、給湯器の音には正常な音と注意したい危険な音があります。「音がする=故障」ではないので、落ち着いて対処することが重要です。危険な音がする場合は、早めに業者の点検を受けましょう。原因によっては、給湯器交換が必要になることもあります。お困りの方は、ライフアドバンスジャパンでご相談ください。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP