給湯器が故障かも!? 業者を呼ぶ前にここをチェック!

設置から年数が経つと、給湯器の調子が悪くなったり故障してしまったりすることもあります。「故障かな?」と思ったときは、いくつかのポイントをチェックしてみましょう。
もしかしたら故障ではなく、何かほかに原因があるのかもしれません。
今回は、故障が疑われるときにチェックするべきポイントを紹介します。

まずは電源をチェック!

意外と多いのが電源やコンセントなどが入っていないというケースです。
停電があったり、ブレーカーが落ちてしまった後は、給湯器の電源も落ちてしまっている可能性が高いです。
また、「何かの拍子にコンセントからプラグが外れてしまっていた」ということも珍しくありません。
まずは電源やコンセントが入っているかを確かめてみましょう。

断水中の可能性は?

給湯器が壊れているのではなく、断水中で水が出ないという可能性はありませんか?
まずは水が出るかどうかを確かめましょう。
水が出ない場合、断水中や冬季なら凍結しているということもあります。
また、止水栓が閉じている場合にも水は供給されません。
水が出ない場合には、これらのポイントを確認しましょう。

沸き増しが間に合っていない可能性も

温水器を使用している場合、お湯を使いすぎるとお湯がなくなってしまい水しか出てきません。
沸き増し機能がついていれば、なくなる前にお湯を沸かしてくれますが、沸き増し機能がついていない場合は、お湯がたまるまでお湯を使うことはできません。
リモコンなどで残湯量をチェックできれば、一度確認してみましょう。

ガスの元栓は開いている?

「水は出るのにお湯が出ない!」という場合、ガスの元栓が閉まっていたということも意外と多いです。
ガスの元栓が開いているか確認をしてみましょう。
ガスコンロを一度使用してみて、きちんと火が出ればガスに問題はありません。
そのあとにお湯が出るかチェックしてみましょう。

リセットボタンを押してみよう

いろいろとチェックをしてみたけれど特に問題はなさそうだという場合もあるでしょう。
リセットボタンがあるなら、最後にそれを押してみてください。リセットすることで給湯器を使うことができるようになる、というケースも珍しくありません。

それでも直らず、リモコンにはエラー表示が出たままになっている場合は、給湯器が故障している可能性が高いです。そんな時には迷わず専門の業者に点検や修理の依頼をしましょう。