給湯器から聞こえる音の原因は? 危険な音と正常な音の聞き分け方

給湯器から聞こえる音の原因は? 危険な音と正常な音の聞き分け方

普段給湯器を使っているときは、モーターやファンの稼働音や水流音など、さまざま音が聞こえてきますよね。そんな給湯器の音に、ふと違和感を覚えたことはありませんか?
給湯器は本来音がするものですが、「いつもと違うな」と感じたときは注意が必要です。
今回は、給湯器の使用時に気を付けたい異音と考えられる原因、覚えておきたい対処方法をご紹介いたします。

正常な音はどんな音?

始めにお話しした通り、給湯器の使用中に聞こえるほとんどの音は正常に稼働している証拠です。まずは、一体どのタイミングでどういった音が聞こえるのかを確認しておきましょう。給湯器使用時に聞こえる主な稼働音は以下の通りです。

・モーター音
給湯栓(お湯が出る蛇口)を開いたり、給湯器のスイッチを操作したりしたときに聞こえるモーター音は、給湯器が正常に起動した証拠です。

・ファンの音
給湯器の使用後にファンの音が聞こえるのは、次の起動時に備えてまだ機器が作動しているから。少し時間が経てば停止します。

・「グワン」「グオン」という音
お湯張り前や追い炊き後などになる「グオン」という音は、ポンプが作動している音。残り湯をチェックしたり、冬季の凍結を予防したりする際にポンプが作動します。

・「ジュージュー」という音
結露した水が蒸発した際に聞こえる音です。燃焼させたガスに含まれる水蒸気などが結露し、高温部に触れることでこのような音が聞こえます。

注意したい危険な音

先ほどご紹介した正常な稼働音以外の音が聞こえた場合は、給湯器に故障や不具合が起こっている可能性があります。
「ピー」という高い音や、「ボンッ」という爆発音、「キーン」という甲高い音が聞こえた場合は要注意。これらの音は、ガス漏れや不完全燃焼、ファンモーターの不具合などが原因となっていることが多く、使用を続ければ事故に繋がってしまうかもしれません。
直ちに使用を中止し、専門の業者に連絡して点検してもらうようにしましょう。また、異音と同時にガスの臭いがする場合はすぐに窓を開けて換気して空気を入れ替えるようにしてください。

メンテナンスで異音の発生を防ぐ

異音が発生してしまう原因には、経年劣化の他に、掃除やメンテナンス不足が挙げられます。
排気口のつまりや排気管の傷などがあると、正常な排気が行えなくなり、一酸化炭素中毒になってしまう危険性もあるのです。
屋外にある場合はついつい給湯器周りの掃除を怠ってしまいがちですが、なるべくこまめにゴミやホコリを取りのぞき、給湯器の様子をチェックするようにしておきましょう。
また、専門の業者に定期的なメンテナンスを行ってもらうことも大切です。

給湯器から聞こえる音の原因は? 危険な音と正常な音の聞き分け方

いかがでしたか?
給湯器から音が聞こえると、どうしても不安になってしまうもの。正常な音と危険な音をしっかりと把握し、給湯器の異常にすぐに気が付けるようにしておいてくださいね。
メンテナンスや掃除を定期的に行い、給湯器の故障や不具合を未然に防いでいきましょう。